三井住友など、会社同士が合併するメリットはなんですか?

回答

合併のメリットは複数あり、以下のようなものがあります。

 

組織のコントロールが容易になる

合併は複数の会社を統合するため、これまで取引を行っていた会社同士であれば、一体化することで組織のコントロールが容易になります。それぞれが独立した会社同士だと情報の共有や連携の際に何かと手間がかかってしまいます。また価格交渉を行う過程で競合が激化して会社間格差が生まれてしまうこともありますし、会社同士のお金のやり取りもいちいち貸付金や配当などといった名義をつけなければなりませんが、同一の会社になればその必要もなくなるためスムーズに進められるようになります。

 

組織をシンプルにできる

これは事業承継を目的としたM&Aで得やすいメリットですが、合併は会社同士で重複している部門(人事課、総務課、経理課などバックオフィス部門)や余剰人員を削れるため、組織をシンプルにしていくことができます。組織をシンプルにすれば経営や意思決定が合理的かつ円滑に進むようになるだけでなく、事業承継を目的にしたM&Aであれば承継する部門を減らせるため、スムーズに合併ができるようになります。

 

従業員の士気向上

合併は異なる会社同士が完全に統合するため、異なる企業文化同士が合体し、それが刺激になって従業員の士気が向上するきっかけになります。元々取引関係があった会社同士であれば、同じ環境で仕事をすることになるため一体感がより強くなりますし、何より合併を行ったことで会社の規模が拡大したことにより、従業員のやる気も引き上がる可能性があります。

Loyverse.town uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our cookies policy. Learn more Ok