海外とくらべて, 何故日本ではカード決済が広く普及していないのでしょうか?

回答

VisaがEuromonitorの調査資料をもとに, 各国でのカード決済比率をまとめたデータによると, 米国41%, オーストラリアとカナダが60%台, 韓国73%, これに対し日本は17%とかなり低い水準にあることが分かる. 日本国内で発行されているクレジットカードの総数は3億ほど. つまり平均すると, 1人当たり2-3枚カードを持っていることになり, 普及率自体が低いわけではない. ただ, クレジットカードを持っているだけで使っていない人が多く, カード決済率が低いということになる. 何故日本ではカード決済率が各国に比べて低いのか. 要因としては, 以下の理由をあげることができる.

・後払いに抵抗がある. クレジットカード払いの場合, 購入した際に支払うのではなく, 翌月が翌々月にお金が口座から自動的に引き落とされることになる. 後払いとなると, 金銭感覚が狂ってしまうという不安感からカードに抵抗感を持つ人が多い. 

・デビットカードの普及率が低いため. カード大国と言われるアメリカでも, 実際にはクレジットカードよりデビットカードのほうが主流とされている. デビットカードの場合, 銀行口座即時引き落としになり, 口座残高以上の額は使えないなど, クレジットよりリスクが低いとみることができるが, 日本ではまだデビットカードの普及率がまだ低く, 結果カード決済率が低いとみることができる.

・クレジットカードには, 不正な利用や紛失の可能性がゼロではないことから, クレジットカードのセキュリティに関する警戒心が大きい.

・日本の治安もカード決済率の低さに関わっているとみることができる. 治安があまりよくない国の場合, 現金を持ち歩いているほうが危ないとされるが, 日本では現金を持ちあるくことは, そこまで危険ではない. そのため, 現金で支払う人がまだ多くいる.

 

 

Loyverse.town uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our cookies policy. Learn more Ok