成功するためには睡眠時間が短い方がいいのですか?

回答

世の中の成功者にも、睡眠時間が短い人と長い人の両方がいますよね。

睡眠時間が短い人の例

・ビルゲイツ(起業するときはほとんど眠らなかった。現在は7時間)

・ナポレオン(3時間)

・孫正義(3~5時間、学生時代)

・落合陽一(3時間)

 

睡眠時間が長い人の例

・アインシュタイン(10時間)

・堀江貴文(最低8時間)

・タイガーウッズ(10時間)

・大谷翔平

 

なので、私も睡眠時間を削れば成功するということは言えないと思います。

 

個人的な体験ですが、意図的に睡眠時間を削っても、結局暇なときに眠ってしまい、一日8時間の睡眠をするようになります。

しかし、本当に仕事に熱中しているときは、気がついたら4時間睡眠くらいでずっと動いていました。

ここから分かるのは、睡眠時間を削ればいいのではなく、仕事に熱中した結果として睡眠時間が短くなることはありえるということです。

なので睡眠時間のことはもう気にせず、目の前の仕事に熱中すればいいと思います。

Loyverse.town uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our cookies policy. Learn more Ok